尾道⑦ ゲストハウス「あなごのねどこ」

夕食に尾道ラーメンを食べた後、

セブンイレブンで朝食の菓子パンを調達。

宿のある尾道本通り商店街に再び戻りました。

 

ここをずーっと歩いて行きます。

 

f:id:enchanted00:20180318010910j:image

 

ゲストハウス「あなごのねどこ」に到着です。

これは昼間の写真です。可愛らしい!

 

f:id:enchanted00:20180318010940j:image

 

そしてこちらが夜バージョン。19時半です。

ほとんどの店は営業を終え、

昼間に比べて辺りはかなり静かです。

 

f:id:enchanted00:20180318011009j:image

 

さぁ、中へ!

 

f:id:enchanted00:20180318010951j:image

 

この奥に入口があります。

 

入ってすぐのところにこたつがあり、

まったりできます。(このときはまだ寒かった)

 

  

チェックインの手続きをすませます。

4人1部屋、素泊まりで

一人あたり3,100円。安い!

(部屋によって値段が変わりますがだいたい三千円前後)

 

 

そしてチェックインのときに、予約制で

朝食をつけられることに気がつきました。

400円でおにぎりかトーストを選べます。

 

「朝食メニュー、おいしそう…」 

「コンビニでパン買う必要なかったねぇ」 

「じゃあそれは昼食にまわしましょうか~」  

 

こうして、朝食の予約も完了。

 

 

 

部屋に着いて荷物を整理し、シャワーを済ませ

0時にはおやすみ体制に入りました。

 

明日は一日中自転車を漕ぐから早く寝なきゃ。

 

 

 

部屋はふすまで仕切られているだけなので

隣の部屋のおしゃべりや物音が聞こえます。

隣は女子高生のグループが宿泊していました。

 

にぎやかだなぁ、眠れるかなぁ

と思っていたところ、

隣の部屋の女の子のひとりが

 

 

「隣もう寝とるけん、しーっ」 

 

 

と同部屋の子たちに呼びかけました。

 

なんていい子なんだ!

そして方言可愛すぎか!

 

その後はぱたりと音が止み、

ぐっすり眠ることができました。

 

 

 

AM7:00

 

iPhoneのアラームが鳴る5分前に、

スッキリ目覚めました。

エアコンを切って寝たので寒かったけど、

布団の中はぽかぽかでした。

 

f:id:enchanted00:20180318011036j:image

 

AM8:30

 

昨日ケーキを食べた、併設の

「あくびカフェー」で朝食を食べます。

旅と学校がテーマの

木造校舎のようなカフェです。

 

f:id:enchanted00:20180318011049j:image

 

 

昨日はカウンター席に座りましたが、

朝は宿泊客しかいないため、ほぼ空席。

4人掛けのテーブル席に座りました。

 

f:id:enchanted00:20180318011102j:image

チョークアート

 

f:id:enchanted00:20180318011115j:image

座って右の風景

 

f:id:enchanted00:20180318011128j:image

荷物入れが跳び箱

 

f:id:enchanted00:20180318011142j:image

懐かしの試験管立て

 

 

そしてこちらが、朝食メニュー!

 

f:id:enchanted00:20180318011153j:image

 

ほわわ~~、この給食風のレトロな感じ、

感激です。

 

大きなおにぎりと、お麩とワカメの味噌汁の

やさしい味が身に染みました。

トーストメニューには柑橘系のジャムと

コーヒーがついていました。

 

 

その後、身支度をして佐川急便の

手荷物配送サービスを手配しました。

(前日に言うべきでした)

 

これは、しまなみ海道をリュックひとつで

サイクリングしたい人向けのサービスです。

サービス提携宿間に限り、

スーツケースなどの荷物をその日の夜までに

宿泊先に配送してくれます。

しまなみ海道の人気上昇と

自転車利用者の増加によって始まりました。

 

詳しくは下記のURLからどうぞ ▼

しまなみ海道手ぶらサイクリング|佐川急便株式会社<SGホールディングスグループ>

 

 

「あなごのねどこ」のスタッフさんは、

暖かくて親切な方々ばかりでした。

 

 

 わたしたちは10時に宿を出ました。