カナダ⑥ 夢のような旅

最終日の朝、私たちは荷物を積んで

キャンモアの別荘を後にし、

再び五時間、来た道を戻りました。

 

転倒やスリップで道をはずした事故車を

少なくとも15台は見かけました。

行きと同じように、

ティムホータンスに寄って軽食を買いました。

 

f:id:enchanted00:20180219004453j:plain

 

f:id:enchanted00:20180219004519j:plain

 

車に揺られながら、留学中の出来事を

ぼんやりと思い返していました。 

 

二か月ぶりの帰国が6日後に迫っていました。

 

カナダで出会った人達と半永的に別れる悲しさ

と、やっと日本の家族や友達に会える喜びとが

同時にこみ上げてきました。

 

感情がぐちゃぐちゃになり、

よくわからなくなってしまったので、

考えるのをやめて寝ました。

 

 

現在、カナダの家族とは音信不通です。

メールアドレスもSNSのアカウントも、

何一つわかりません。

 

この旅はたしかに現実のことであったけれど、

まるで夢のようでした。 

 

 

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。