美瑛の花畑と白ひげの滝

 

母と車で弾丸富良野・美瑛旅行!

 

後編・美瑛編です。前編はコチラ ▼

 

 

ファーム富田

 

ここはまだ富良野です。寄り道しました。

 

わたしたちが行った2017年8月27日には

ラベンダーはすでに見ごろを終えて枯れており

ケイトウ」という花が咲いていました。

漢字で「鶏頭」と書きます。

鶏のトサカのようなお花。

 

観光収入で潤っているのか、設備が整っています。

道内どこ行ってもそうですが、中国人観光客が多かったです。

あとは、夏休み中の大学生も多かったです。

 

お土産にポプリの入った小さな瓶を買いました。

部屋に飾っています。

 

 

四季彩の丘

 

ようやく美瑛着、しきさいの丘です!

四季彩の丘のすごいのは、入場料無料で楽しめちゃうということ。

(花畑の維持管理費用として一人当たり200円の募金を募っています)

 

f:id:enchanted00:20180206230350j:image

 

美しい花の絨毯!

ポスターやガイドブックで見たことがある方も多いかと思います。

赤がサルビアで白がシルバーダストという花です。

紫とオレンジの花の名前は忘れました。

 

各種乗り物も用意されており、バギーやカートを借りることもできます。

わたしたちは「ノロッコ号」というトラクターバスに乗って園内を周遊しました。

15分間500円で、広大な敷地をグングン進みます。

 

こんな感じで、畑と畑の間の道を行きます!

 

f:id:enchanted00:20180206230425j:image

 

上の方まで来たときに、写真撮影タイムが設けられ、一時停車!

花畑撮り放題です。手前の花畑、奥の花畑、緑の丘、青い空が

四層になった美しい風景を、カメラに収めました。

 

f:id:enchanted00:20180206230437j:image

 

 

 

青い池

 

だんだんと日が沈んできた頃、

「白ひげの滝」が見たくて山の方まで来ました。

美瑛駅から車で25分程度です。

 

ここに来る機会はもうないだろうと思って

通り道の「青い池」にも寄りました。

2012年頃にApple社のMacの壁紙に採用されて有名になった池です。

  

f:id:enchanted00:20180206230451j:image

 

青の水彩絵の具を水に溶かしたような色合いでした。

 

 

白ひげの滝

 

「青い池」の寄り道を挟んで以後、

「青い池」を青たらしめている上流の滝の方へ。

 

「青い池」が青い理由

 

主に「白ひげの滝」からアルミニウムを含んだ水が流れ出ており、

この滝が美瑛川の水と混ざると目に見えない粒子が生成され、

その粒子が太陽の光をまんべんなく錯乱させています。 

波長の短い青い光が錯乱されやすいため、

その光がわたしたちの目に届いて青く見えるそうです。 

 

参考:びえい白金温泉観光組合:美瑛観光情報

 

…つまり、化学的な理由で青く見えるんですね。

水自体には色はついておらず水中の成分によって水が青く見える、みたいです。

 

f:id:enchanted00:20180206230503j:image

 

滝は、美瑛川の上に架かる橋の上から見えます。

左手には静かな夕景。

そして右手には勢いよく流れ落ちる滝!

 

f:id:enchanted00:20180206230519j:image

 

 

おぉ…不思議な青…!

 

 

その後、わたしたちは車で山道を帰るのですが、

カーナビに振り回され、ひどい目に合いました。

熊が出そうな道にすぐ誘導されるし、途中からは

アスファルトの舗装がなくなった道に案内され、

結局ナビを無視して遠回りして帰りました。

 

 

以上、親子ふたりの富良野・美瑛旅行でした。

行く機会がなくて、今まで行けていなかったので、

地元の魅力再発見!な旅ができて良かったです。