北海道の屋根

毎度おなじみ流浪のブログ、Enchantedです。

いきなりですが今日は北海道の屋根についてみていきます。

 

こちらは札幌市中央区にある複合商業施設「サッポロファクトリー」で

2017年12月26日に撮影した写真です。 

前日まではここに巨大なクリスマスツリーが飾られていたのですが、

行ったときには完全に撤去されていました。仕事がはやいですね。

 

f:id:enchanted00:20180206140119j:image

 

ぽかぽかの建物を出て、外の様子をみてみましょう。

 

f:id:enchanted00:20180206140133j:image

f:id:enchanted00:20180206140152j:image

 

ふぶいてますね~、日常茶飯事です。

冬の雪国の様子をイメージしていただけたかと思います。

 

 

ここからが本題なのですが、

関東にいて周りの人の話を聞いていると

「雪を自然に落とすため、北海道の家は三角屋根が主流」 

 と思っている人が結構いることに気づきました。

 

 

北海道の屋根は「平ら」

 

近年北海道でみられる、多くの住宅の屋根は「平ら」です。

デザインで三角屋根を選ぶ方もたくさんいますが、今回は機能の話です。

  

元々、北海道では三角屋根(トタン屋根)が主流でした。

雪を滑らせて落とすためです。

 

f:id:enchanted00:20180212164202p:plain

 

 

しかし、屋根の傾斜に自然な落雪を任せると、

近隣の家の土地に雪が落ち、迷惑がかかります。

隣の家の落雪でうちの車庫は壊れたことがあります苦笑

 

さらに、なんといっても

 

落雪による事故が絶えない

 

のです。

  

家から出るとき、家の外で遊んでいるとき、除雪作業をしているとき、

重たい雪が突然頭上にのしかかって亡くなる事故が毎年絶えません。 

 

 

f:id:enchanted00:20180212164343p:plain

 

 

そんななか、北海道や東北を中心に普及したのが

 

無落雪屋根という 平らな屋根 です。

 

 

無落雪屋根の仕組みについて

 

無落雪屋根は、名前のとおり自然の落雪がありません。

雪を屋根に乗せたまま、自然に溶けるのを待ちます!

その分、積雪期間の雪の量や重さに耐えられる設計でつくられます。

 

あまりに積雪が多かったり、

雪庇(せっぴ)ができた場合は雪下ろしが必要になります。

雪庇 - Google 検索

最近では、電熱線を仕込んで電気の力で雪を解かす屋根も出てきています。

 

 

また、無落雪屋根の家は「直方体」の形をしています。

小屋根や庇(ひさし)がないため「つらら」ができにくいというメリットがあります。 

 

「つらら」は危険です。

わたしが以前住んでいた家は三角屋根でしたが

尖った「つらら」が除雪作業中の父親の頭上に刺さり

頭から血を流したことがありました。なんとか無事でしたけど。

 

このような「つらら」によるケガや、突然の落雪の危険を軽減できるので

平らな屋根(無落雪屋根)が雪国の住宅では普及しています。

 

 

余談:なぜ北海道には瓦屋根がない?

 

北海道では瓦屋根の住宅はほとんどみられません。

 同じく雪が降る北陸地方にはあるのに、なぜでしょうか? 

 

その理由には、歴史が関わっています。

 

北海道は森林を切り開いて開拓されました。

住宅を作るための資金も資材も不足していましたが、木材だけはありました。

なので最初は高価な瓦屋根ではなく、

安価な まさ葺き屋根(木材の屋根)の住宅が建てられました。

 

その後、急速に欧米の建築様式が取り入れられ、

寒冷地住宅に適した実用的なトタン屋根(三角屋根)が普及しました。

 

こうして歴史的に北海道では瓦屋根を取り入れられることがなかったのです。

 

 

一部の地域では瓦屋根がみられる

 

松前(まつまえ)江差(えさし)といった道南の地域では、

江戸時代の松前藩の名残で瓦屋根の様式の建造物がいくつかみられます。

 

もともといくつかそういった建造物はあったのですが、さらに

2001年から6年かけて、江戸時代の城下町の町並みを再現するために

各店舗の壁や屋根を白い壁や黒い瓦屋根に統一したみたいです。

 

 

まとめ

 

全国どこもそうですが、北海道の住宅の屋根も

風土と歴史が大きく影響していることがわかりました。

 

最初は木材、次にトタン、そして無落雪屋根へと変化しました。

道南の地域では北海道では珍しい瓦屋根の建造物を観光資源とし、

あえて建物を瓦屋根で統一したことがわかりました。

 

こちらが今回参考にしたサイトです。

 

「北海道の屋根は四角いんです!!」。テレビ記者が驚いた平らな“無落雪屋根”とは?(tenki.jpサプリ 2016年12月04日) - 日本気象協会 tenki.jp

無落雪建築 - Wikipedia

北海道に瓦屋根がないのはなぜですか? - 北海道には瓦の屋根がほとん- 北海道 | 教えて!goo

江戸時代の城下町を再現 - 城下通りの口コミ - トリップアドバイザー

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。