タイ① バンコク

 

2016年の夏に行ったタイのバンコクについてまとめまーす

 

f:id:enchanted00:20180218121626j:image

 

タイの基本情報

 

国名:タイ王国

首都:バンコク

政治:立憲君主制憲法によって君主の権力が制限されている政治体制、日本と同じ)

面積:約51万4000㎢(日本の約1.4倍)

人口:約6886万人(2016年)

宗教:上座部仏教(国民の95%)

国旗:赤は国家、白は仏教、紺は王室を意味している

 

  • 日本との時差は2時間
  • 1782年以来チャクリー王朝が続いている。国王は絶対的な存在。
  • 氷と水には少し用心、ミネラルウォーターがおすすめ
  • トイレに紙がない場合が多いので、ポケットティッシュ持参が安心

 

 11~2月:乾季、観光に最適

  3~5月:暑季、いちばん暑い季節

 6~10月:雨季、スコールの可能性

 

参考:『まっぷる タイ・バンコク昭文社, 2016 

 

わたしが行ったのは8月です。5日間滞在していました。

暦上は雨季でしたがスコールには当たらず、ほぼ毎日晴れていました。

 

 

 空港に到着

 

成田から約6~7時間のフライトを経てバンコクに到着。

じめじめ暑くて臭い、というのが第一印象でした。

写真やガイドブックでは臭いまでわからないですからね~

 

わたしの感覚では、犬のような臭いというか、

池袋東口でたまに「臭っ!」てなるときの臭いが

ずっと続いているような状態でした。わりとすぐ鼻が慣れました。

 

 

f:id:enchanted00:20180218121337j:image

来ちまったな~という感じ

 

 

ごはん

 

メニューが読めないので、正直

自分が何を食べているのかよくわかりませんでした。

 

f:id:enchanted00:20180207004457j:image

 

f:id:enchanted00:20180207004510j:image

 

 

帰ってきてから調べたら、自分がフォーだと思って食べていたのは

クァイティオ」というタイの麺料理だったことがわかりました。

鶏ガラで出汁をとったすっきり味のスープです。

白いのは、魚のすり身をボール状にしたものです。

 

どこ行っても大抵パクチーが入っているか、パクチーの風味がします。

好き嫌いの分かれる味なので、日本で試してから行くことをおすすめします。

 

わたしは特別好きでもないし、食べられないこともなく、普通ですが、

タイで食べて以降、突然ふとパクチーを食べたくなる瞬間が度々あります。

 

 

f:id:enchanted00:20180207004524j:image

▲ 刻みパクチーと鶏肉が入っていますね。

 

下の写真のは美味しかったのですが、何だったか忘れました。

 

f:id:enchanted00:20180207004539j:image

 

他にはグリーンカレートムヤムクンカオマンガイを滞在中よく食べました。

辛いのが苦手な方は、合わないタイ料理が多いかもしれません。

韓国のコチュジャンのような舌がしびれる辛さじゃなくて、

タイのは体の内側からじわじわあつくなるようなスパイスの辛さです。

 

 

象乗り体験

 

タイ=象というイメージを強く持っている日本人観光客に向けて

丁寧に日本語で案内が書かれています。

 

f:id:enchanted00:20180207004553j:image

 

f:id:enchanted00:20180207004607j:image

おそらく、アユタヤー・エレファント・キャンプという場所

 

実際に乗ってみると、一歩一歩の振動がかなり来ます。

ドスン、ドスンと揺れる、動く。ゆったりロデオマシーンのような感じ~

 

 

カオサン通り

 

バックパッカーの聖地と呼ばれる通りです。

世界中の旅人が行き交います。欧米人が多かったです。

 

 f:id:enchanted00:20180207004645j:image

写真に写ってるの全員アジア人だな、おい 

 

 

f:id:enchanted00:20180207004659j:image

 格安の衣料品店

 

f:id:enchanted00:20180207004724j:image

雑貨店

 

f:id:enchanted00:20180207004711j:image

マッサージ店 

 

 

タイっぽいですね!

以上、カオサン通りでした。

 

 

 

 

以後、しばらくタイの記事が続きます!

全5記事。興味がある人もない人も、お楽しみに~