旅行記を書く意義

先月の話ですが、

外出先で何気なく読んだ「週刊はてなブログ」の影響で

phaさんの「知の整理術」という本を買ってしまいました。

 

 

 

「まーたサブカル本(すみません、ビジネス本です)を衝動買いしちゃったよ~」

と思いつつ、読み始めるとおもしろくてとまらない。

 

お風呂に浸かりながら読んでいたのですが、

お湯が冷めきっても読み続け

まるまる一冊読み終えました。

 

 

この本では、京大卒の作者が独自に編み出した

情報のインプットとアウトプットの方法が紹介されています。

 

その本の195ページ、「気持ちを言葉にする」

という章に共感したので引用させていただきます。

 

 

  文章を書いているとよく思うのは、「文章というのは、自分の中である程度終わっているものや、ある程度一段落しているものについてしか書けない」ということだ。

 なぜなら、本当に何かの真っ最中にいるときは、何がなんだかわからなくて文章を書くどころじゃないからだ。

 「書くこと」、つまり他人に伝わるように言語化して説明するということは、ぼんやりとしたものに形を与えるという効果や、終わりかけているものをハッキリと終わらせるという効果がある。

 

 僕が何かを書くときは、大体自分の中の何かを終わらせるために書いている。

 

pha『知の整理術』大和書房, p195, 2017

 

 

わたしは現在、ここ数年の自分の旅について考え、

資料やパンフレットがあればそれを用いて記事を書き、

積もったメモの整理と破棄をしています。 

  

自分の中で整理しきれていない思い出を

ブログでもツイッターでもインスタでも

どんな形であれ言語化して一度頭を空っぽにすることで、

新たな情報や知識をより一層吸収できると考えています。