夏の江の島

前回のつづき

 

鎌倉駅周辺を散策したあとは

江ノ電に乗って江ノ島へ。

 

 

▼ 駅名の電光掲示がポップ

f:id:enchanted00:20180206121401j:image

 

 

江ノ電といえば、

映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」で

黄泉の国と現世を繋ぐ電車として

何度も何度も出てきました。

 

わたしは7月の次は12月にも鎌倉に行ったのですが

二回行って完全に鎌倉の魅力に惹かれ

その後、この映画を観に行きました。

 

ファンタジー要素たっぷりの可愛い世界観。

豪華キャスト。

チョイ役で出てくるムロツヨシに笑う。

 

 

「鎌倉ものがたり 映画」の画像検索結果

 

 

映画やドラマ、アニメの舞台となった土地を訪れる観光行動を

コンテンツツーリズム といいます。

 

わたしはその順序が逆で、自分が

行ったことのある場所が舞台の映画を観て

「お~知ってるこの場所」

と、臨場感を味わうのが好きです。

 

もしくは、自分がこれから行くと決めた場所の

イメージをつかんで旅を盛り上げるために作品を観ます。

 

つまり、コンテンツ(作品)を動機として

旅行するのではなく、

旅行体験を深堀りするために

作品を観るのが好きです。つたわれ~

 

映画「嘘を愛する女」の記事で書いたのは珍しい事例。

これから行く予定の場所が偶然映画に出てきました。

 

 

そして江ノ島駅に到着。駅前の観光客向けの

通りを歩いて海へ向かいます。

 

江ノ電に乗ったのが17時でした。

浜辺についたときは時刻はすでに

18時を過ぎていました。

 

 

f:id:enchanted00:20180206121411j:image

 

久々の海!

 

行った場所が悪かったと思うのですが

 

f:id:enchanted00:20180206121421j:image

 

きったねー海だな、おい

 

と思わず心の声が漏れました。

それでもサンダル脱いで浅瀬を歩いたりしたよ。

 

f:id:enchanted00:20180206121447j:image

 

ドラマティック・夕方の海

 

f:id:enchanted00:20180206121456j:image 

ホワイトバランスを変えて撮影。良くいえば幻想的、悪くいえば桃鉄キングボンビーがいるときの海の色。

 

f:id:enchanted00:20180206121507j:image

どんどん島に近づいていく!

 

 

 

たまたま「天王祭」という祭りが開催されていて

御神輿を担いだ子どもたちを見ました。

 

 

また、生しらすが有名な江ノ島

中でも人気のお店「とびっちょ」に行きました。

 

残念ながらその日は生しらすが切れていましたが、

普通のしらす・いくら・ねぎトロの三色丼を食べました。

大きなどんぶりに味噌汁、温泉卵のセット。

1,350円で満腹大満足。

 

 

 

その後は江ノ島駅へと歩いて帰りました。

 

 

橋の上からみる灯台が綺麗でした。

 

 

f:id:enchanted00:20180206121518j:image

 

 

夏の鎌倉散策は終わりですが、

次回は冬の北鎌倉編の予定です。お楽しみに☆