お料理部

サークルの一部メンバーによって「お料理部」は設立しました。

先輩1人と後輩1人がわたしの家に来て、3人で料理を作ります。(メンバー随時募集中)

第一回目は昨年行われ、今回、再び企画を実行できました。

今日はその活動内容についてお伝えします。

 

 

第1回 お料理部  (2017/11/23)

 

記念すべき第一回目は、ピーマンの肉詰めとミネストローネをつくりました。

 

ピーマンの肉詰めを「いざ焼くぞ!」というとき、後輩が

 

 

「サラダ油ないのでゴマ油使っていいですか?」

 

 

という爆弾発言をし、厨房騒然。

味変わるわ!!!

 

 「シンク下にあるから!!」

と言ってサラダ油を差し出しました。

危うく中華仕立てになるところでした。

それはそれで美味しそう。

 

 

 

その後は、ホットケーキミックスで簡単なカップケーキをつくりました。

 

これは先輩が買ってくださったトッピングです。こんなにたくさん!!

 

f:id:enchanted00:20180211142222j:image

 

ココアパウダーを入れてチョコ味にしました。

バラエティ豊かなトッピングで盛り上がりました。

 

 

第2回 お料理部  (2018/2/20)

 

今回は

 

あんかけチャーハン

フレンチトースト

 

という独特な献立に挑戦しました。

 

わたしたちはスーパーに着いてから何を作るか決めます。

献立を決め、作り、食べた時点では特に何も思わなかったのですが、

この組み合わせをバイト先の同僚に言ったところツッコまれ、

今になってようやく違和感を感じはじめました。

 

 

 

けれども、小学生のときの調理実習で

私のいた班だけ、極寒の二月に

 

冷しゃぶ冷ややっこ

 

をつくったことに比べれば、

今回はずっといい献立だったと思います。

 

 

f:id:enchanted00:20180220221448j:image 

チャーハンを作っている様子です(見ればわかる)

 

 

 

今日のハプニング大賞は、後輩ではなく先輩です。

 

 

「あん」をつくるために鍋の水を沸騰させ、

「これから鶏ガラスープの素をいれるぞ!」というときのこと。

いや、鶏ガラスープの素がないのでコンソメキューブで代用したのですが。

 

味の素のコンソメは、5個のキューブが一袋に入っています。

袋をあけてそのままキューブを鍋に ぽとん と落としたところ、

 

 

「おいおいおいおい」

 

 

と先輩は自分で落としたキューブに

何やら慌てふためきはじめました。

 

 

「個包装されたままじゃねぇかよ!!!」

 

 

慌ててお湯から銀色のキューブを救出し、包み紙をはがしました。

 

わたしたち全員が、袋を開けたらそのままのコンソメキューブが出てくると思っていたので

まさかさらに丁寧に包まれているとは思いませんでした。

 

 

その後は美味しくあんかけチャーハンをいただき、

食べたあと先輩はお昼寝して(徹夜だった)

わたしはぼーっとミヤネ屋の五輪ニュースを見ていました。

 

その間に後輩の女の子がフレンチトーストを作ってくれました。

味が染みてて、とろけておいしかったです。

 

 

 

そんな感じでした。おわり。